2007年06月14日

育てているもの

種から育てている夏野菜たち。やっと苗らしくなってきました。
まだ小さいけれど、しばらく雨が降りそうだし、
ポットより畑の方が育ちが良いので、畑に植え替えをしました。

● 島きゅうり2007.6 017.jpg

2007.6 020.jpg

● ネリ
2007.6 012.jpg

● ミニトマト2007.6 013.jpg

● なす
2007.6 008.jpg

● ピーマン2007.6 007.jpg

● 葉だいこん2007.6 022.jpg

● 二十日だいこん2007.6 021.jpg

● きぬさや
2007.6 005.jpg

● ベビーリーフレタス2007.6 000022.jpg

その他に、小松菜、かぶ、青じそ、パセリ、万能ねぎ、バジル
チンゲン菜、ししとう。

でもこれ、低気圧通過や、台風が来ると強風であっという間に
だめになっちゃうあせあせ(飛び散る汗) 
でもだめになっても、だめになってもせっせと新しいものを作る、
これが青ヶ島の農業のようです。

どうなることやらaura*家の畑。






posted by aura* at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たくさん育てているんですねぇ。
低気圧で、畑のモノがダメになるのは、こちらも同じ。しかし、自分で育てた野菜は、おいしいですよね。無事に、収穫できますように・・・。
Posted by ゆかちゃん at 2007年06月14日 19:19
ん〜〜ネリだけわからないです。
うちの区では小松菜はビニールハウスで作っています。自動販売機で100円で売っています。
庭がないのでもっぱら買うほうですが、育てる楽しみっていうのもいいものですね。
Posted by RayRay at 2007年06月15日 00:24
太古の昔から人は自然には逆らえず自然に生かされ 繁栄して来たものですね!だから作り手への感謝を 我々、消費者は忘れては いけない気がします。
Posted by カズごん at 2007年06月15日 00:37
★ゆかちゃんさんへ★

ゆかちゃんさんのところも、天候による被害は出るのですね。
自分で作ると愛着がわくので、強風が吹いたら
守りに行きたくなりますよ…(笑)
どれだけ収穫できるか分りませんが、頑張ります(^^)
Posted by aura*より at 2007年06月15日 08:46
★RayRayさんへ★

ネリは島オクラと言った方がいいかな?
小松菜は1ヶ月で食べられるので、時間差で種をまけば
ずっと食べることができ重宝しています。
自分で育てると、かわいいので1日何回も様子をみます(^^)
Posted by aura*より at 2007年06月15日 08:46
★カズごんさんへ★

そうですね。まさに青ヶ島の歴史そのものです。
作り手への感謝はつい忘れがちですが、自分でやってみて、
頭で考えている以上に実感がわきました。
どの分野でもきっとそうなのでしょうね。
Posted by aura*より at 2007年06月15日 08:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。