2007年05月24日

若い女医さん

今日の青ヶ島は晴れ晴れ晴れこのところ天気よし!海よし!
霧の季節に入る前のサービスでしょうか(笑)
2007.5 047.jpg

2007.5 048.jpg

今日は畑仕事と、たけのこ(苦だけ…)採り。
野だけの季節は終わり、これから苦だけの季節です。
まだ少し時期が早いので、あまり採れなかったので写真はまたの機会に。

今日の畑仕事のおやつは、2粒のアビ。
たった2粒ですが甘くておいしかったです揺れるハート
2007.5 046.jpg

さて、青ヶ島では年に数回、専門医による診療があります。
今回は、耳鼻科と眼科の先生が来島されました。

青ヶ島には診療所がひとつ。医師と看護師が1名ずついらっしゃいます。
島に来てくださる医師は、へき地医療の勉強をされていますので、
もちろんオールラウンドで診察していただけますが、
このように専門医が来島してくださるのは、ありがたいことです。

今回いらっしゃった耳鼻科と眼科の医師は、何とお二人とも30歳の女医さん。
仕事も終わって明日は内地にもどられるそうです。
送別会も重なって、飲み屋さんは大賑わいでしたわーい(嬉しい顔)
青ヶ島にはない感じの、ピチピチしたのりで楽しんでいただけたようです。
2007.5 052.jpg

ちなみに今いらっしゃっている診療所の医師は、整形外科がご専門だそうです。
ちょっと行ってみようかな?







posted by aura* at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の青ヶ島の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
24日のこの記事が1日遅れで見れました。

医療に関していつも思うのですが、専門のお医者さんが来てくれて異常が見つかった場合はその後の治療ってどうしてるのでしょうか?
今いる先生が診てくれるのかな?
年に数回でなくて月1でも来ていただけるともっと有り難いですね。
Posted by RayRay at 2007年05月26日 01:14
★RayRayさんへ★

程度にもよるでしょうが、診療所で出来る程度ならよいですが、
引き続き専門医の治療が必要な場合は、内地に出るでしょうね。
大変ですがそれが、へき地医療の現実ですね。

でも、異常を発見していただくだけでもありがたいですよね。
Posted by aura*より at 2007年05月26日 06:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。