2007年04月18日

いたどり

今日の青ヶ島は曇り 午後から少し雨も降って来ました。
全国的にだと思いますが、青ヶ島も4月なのにとても寒いです。
2007.4 166.jpg

青ヶ島に来て初めて食べるものはたくさんあるけれど、「いたどり」もそのひとつ。
これから梅雨の季節、嫌と言うほど伸びてしまって少し困ってしまういたどりも、
3月から4月初旬に掛けての半月から1ヶ月は、貴重な食材になる。

もちろんすべてが食べられるわけではなく、新芽の柔らかいものを食べます。
でもこの新芽の見つけ方がとても難しいあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
馴れた手つきで新芽を探し当て、この春何度もいたどりの和え物を
作ってくれた義母。
今年こそは覚えようと思っていたのに、全然見つけられない私ふらふらたらーっ(汗)

2007.4 163.jpg

2007.4 164.jpg

さっと茹でて皮をむいて大根やツナと和えるのですが、
主人が子供の頃は、生のまま皮をむいて、おやつ代わりに食べていたのだと言う。
同世代の人に聞いてもやはり同じことを言っていた。
いたどり自体とてもすっぱい味のする植物なのですが、
私も真似してみたけど…がく〜(落胆した顔)ダッシュ(走り出すさま) 

このお料理は青ヶ島のお袋の味のようで、島の人は特に好みのようですが、
今はあまり作る人も少なくなってきたようです。

2007.4 150.jpg

来年は頑張るかな?(笑)







この記事へのコメント
いたどり、今、ニョキニョキボーボーでてきましたね〜。
私が子供の頃は、この少し小さめの「ぬくたち」という植物を、おやつがわりに食べたりしましたよ〜。
いたどり、今度、真似して作ってみようっと。^^
飛び魚のみりん干し、初めて知りました。
これって、八丈の人たち作ってるかな〜。
大発見です。^^
Posted by mintogreen at 2007年04月18日 21:47
 そうですねぇ・・・。
4月半ば過ぎ、あと2週間で5月だというのに温暖なはずの房総半島でもすごく寒く、未だに暖房中なんです。
 2月は全国的に暖かい日が続いていたためなのか、そのツケが回ってきたようですね。
 ぼつぼつ若葉が芽生える頃になりましたが、こんな寒さでもめけずに鮮やかな緑を表現してくれるなんて、すごいことですねぇ・・・。
 
Posted by 青ヶ島大好き! at 2007年04月18日 23:43
はじめて見ました。
調べてみたら地方によって呼び方や調理の仕方が色々あるんですね。
漢方にもなるとか・・
綺麗な花も咲くんですね〜
でも愛でるよりも食べてみたい・・・(* ̄m ̄)
Posted by RayRay at 2007年04月19日 09:01
★mintogreeenさんへ★

「ぬくたち」って聞いたことあるけど、見たことないです。。。多分(^^;)
いたどりは、もうすでに成長しすぎてちょっと邪魔になってきています(≧≦)
八丈でも食べるのですか?

トビウオのみりん干しは、初めて作ったのですが
おつまみにはいいと思いますよ。
たくさんいただくので、何とか保存できておいしいものはないかな〜と。


Posted by aura*より at 2007年04月22日 23:49
★青ヶ島大好き!さんへ★

そうなんですよ。少し前までは暖房を入れたくなるくらい寒かったです。
変ですね・・・2月の方が暖かいなんて。

草花も着々と新芽が出てきていますね。
確実に春は来ているようです。
この週末の青ヶ島はお天気よかったです(^^)
Posted by aura*より at 2007年04月23日 00:04
★RayRayさんへ★

私も調べてみたのですが、結構食べている地域はあるみたいですね。
その食べ方は様々なので驚きました。

調味料を使っていないのに、いたどりそのものがすっぱい味を出しています。
何とも不思議な植物です。
漢方になるということは、体にいいのですね。
Posted by aura*より at 2007年04月23日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。