2012年03月25日

中学生の旅立ち

今日の青ヶ島は曇りのち晴れ晴れ
風が冷たくて陽が陰ると寒いです。
海はなかなか凪ませんね。還住丸も欠航です。

さて、3月と言えばお別れの季節ですね。
青ヶ島でも今週、中学卒業生2名が高校生活をスタートのために離島しました。


3月22日(木)生まれも育ちも青ヶ島。島っ子の旅立ち。

2012-03-23 004.JPG

初めて会ったときは、オムツしてよちよち歩きだったのに早いものです。
こうやって毎年、小さかった子供たちの成長を感じながら、お見送りをしています。

2012-03-23 009.JPG

高校生活も頑張ってください!

2012-03-23 014.JPG


3月25日(日)2年前に青ヶ島に来たHくんの旅立ち。

みんなで「旅ゆく君へ」を歌ったった後の立派な一言に目頭が熱くなりました。
高校生活はお隣の八丈島へ。

2012-03-25 002.JPG


中学の担任の先生と。

      2012-03-25 006.JPG

2012032509430000.jpg

2012032509470000.jpg


青ヶ島には高校がありません。
中学を卒業すると、島を出て親元を離れて生活をしなければなりません。
そのため、小中学校の教育目標は「自立」。
子供たちも中学校を卒業したら、島を出ることを頭で想い考え、肌で感じながら
過ごしていると思います。

普通なら考えられないですよね。
私たちの学生時代は、高校から親元を離れるなんている選択肢は全くなかったです。
親も子も試練です。

何年も昔からの青ヶ島の伝統。
夫の時代はヘリではなく、船での旅立ちだったそうですが、早く東京に行きたくて
わくわくしていたそうです(笑)


おもうわよう手(パー)==離れていてもあなたのことを思っているよ。
青ヶ島のお別れの言葉です。

      2012-03-23 008.JPG

還住太鼓でのお見送りも。

      2012-03-23 011.JPG


期待と不安とたくさんでしょうね。
青ヶ島の生活とはガラッと変わると思いますが、頑張ってほしいと思います。





posted by aura* at 16:09| Comment(8) | TrackBack(0) | 青ヶ島の出会いと別れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普通にずーっと読んでいて、「おもうわよう」の言葉の意味にブワッと涙があふれました。離島ならではの気持ちがこもっていると思います。
Posted by はるる at 2012年03月25日 17:08
頑張れ高校生
Posted by 東京スカイツリー at 2012年03月30日 21:04
青ヶ島の最高に綺麗な景色の写真載せて頂けますでしょうか?
Posted by クレーン at 2012年03月30日 21:06
お返事遅くなってごめんなさい。
そんな風に思ってくださるはるるさんの感受性豊かなお気持ちが素敵です。
本当におっしゃる通り、海を渡ったらなかなか会うことができない
島の人ならではの気持ちですね。
Posted by はるるさん at 2012年04月09日 20:40
中学から親元を離れる子供達、そして送り出す親御さん。
本当にすごいです。頑張ってほしいですね!
Posted by 東京スカイツリーさま at 2012年04月09日 20:42
お返事遅くなってすみません。

どれもこれも思い入れのあるいい景色。
クレーンさんの最高に綺麗な青ヶ島の景色はどんな景色ですか?
Posted by クレーンさま at 2012年04月09日 20:43
ダメだわ〜〜〜
お別れシーン(@_@;)

うるうる・・・

青ヶ島は中学卒業で
親元離れるんだよね…

子も親もたくましい!!
Posted by 癒香 at 2012年04月12日 16:11
だよね〜。
ホントだょ。
きついだろうな親が。

ゆきちゃんもそうだもんね。
息子ちゃんもいることだし頑張って!
Posted by 癒香さま at 2012年04月13日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。