2011年12月17日

還住太鼓クラブ

今日の青ヶ島は晴れ晴れ
太陽があたっている日向は暖かいけど、日陰はめちゃくちゃ寒かったです。
風が冷たくて、本格的に冬と言う感じです。
海は時化。港は波がかぶっていて還住丸は欠航でした。

2011121713400000.jpg


さて、今日は青ヶ島還住太鼓クラブ、今年最後の練習でした。
現在、大人の部メンバーは約15名ほど。
ほとんどが期間限定でいらっしゃっている学校の先生です。

今年は9月スタートだったにもかかわらず、新人さんが7名ほど加入し、太鼓が
足りないほど賑やかで嬉しい限り。
しかも、新人さんたちとっても練習熱心で、頻繁に自主練までしているようで
頼もしいですね。


今日は今年最後ということで、還住太鼓の名手が来てくれました。
還住太鼓の名手Sくんは、還住太鼓の創設者の1人であるRさんのご長男。
今年の9月にお嫁さんを連れて青ヶ島にUターンしてきました。
これから還住太鼓の指導もしてくださるようで、来年からがとても楽しみですわーい(嬉しい顔)

今は来年の昇段審査会に向けて、各自目標の段取得の為に練習しています。

2011-12-17 002.JPG


そして、最後はSくんが太鼓を披露してくれました。
私たちがやっている還住太鼓とはまるで別物(笑)
見ている人が段々のってきて、楽しくなってくるんですよね。
ひとことでは言い表せませんが、本当に素晴らしいですぴかぴか(新しい)

2011-12-17 018.JPG


Sくんは和太鼓奏者という肩書のとおり、プロの方です。
弟のKくんも最近では、新島出身の方々と島音流(しまねり)と言うユニットを
結成して活動中だそうです。島音流HPは→
こちら
東京の島々をつなぐ大切な架け橋として、今後の活躍も期待したいです。
皆さんもぜひ、応援してください。

まさに、還住太鼓という青ヶ島の伝統芸能の発展に力を尽くされているご一家です。


2011-12-17 021.JPG


還住の詩

2011-12-17 005.JPG


太鼓の親分Rさんは、様々な顔をもっている方なんですが…そのひとつ。
実はたこ焼き名人でもあります(笑)ぴかぴか(新しい)
今年最後の練習の後は、Rさんの焼くたこ焼きで忘年会ですビール
たこ焼き美味しかった〜るんるんビールも美味しかった〜(●^o^●)ごちそうさまです。
楽しい忘年会になりました。来年も還住太鼓がんばろう手(パー)


      2011-12-17 023.JPG





posted by aura* at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 還住太鼓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。