2011年09月06日

12日ぶりに還住丸入港&ゆり丸入港

今日の青ヶ島は晴れ晴れ
風こそ秋の気配を感じさせますが、久しぶりに太陽がサンサンと輝き、青空広がる
暑い暑い青ヶ島でしたわーい(嬉しい顔)

2011-09-06 001.JPG

今回の、のろのろ台風12号台風
最初のうちは、伊豆諸島に直撃!なんて思っていましたが、進路がだいぶ変わり、
とても大きな被害が出ていますね。
地震、台風と自然の恐ろしさを痛感しています。

青ヶ島から進路が離れたとはいえ、台風発生直後から青ヶ島の海は時化はじめ、
ナント8月26日から11日間も還住丸が欠航してしまいました船あせあせ(飛び散る汗)
台風の季節や冬の西風が吹く季節には、このようなことが良くあります。

2011-09-06 016.JPG

今日は12日ぶりに還住丸が運航。貨物船も運航でW入港でした。
今日の港の様子です。

手前に見えるのが、還住丸(日曜を除く毎日運航)。
奥に見えるのが貨物船のゆり丸(週1日運航)です船
今日は入港の時間帯が同じだったので、まずは還住丸が入港。
ゆり丸は沖で待機です。

2011-09-06 004.JPG

2011-09-06 005.JPG

2011-09-06 009.JPG

2011-09-06 012.JPG

海は凪てきたとは言え、そこそこ波はあり還住丸はだいぶ揺れていました。
海で泳げるほどではありませんでした。
私が乗っていたらきっとアウトでしょう(^^;)
ヘリも混んでいるので、乗船客も多かったようです。
船が弱い人には辛い船旅だったかもしれません。かわいそうに(≧≦)

2011-09-06 018.JPG

作業が終わって還住丸出港。
久しぶりなので荷物がいっぱい!いつもよりだいぶ時間がかかっていたみたい。

2011-09-06 023.JPG

2011-09-06 024.JPG

還住丸は八丈島へ。
沖で待機していた貨物船ゆり丸の入港です。
よっぽどのことがないと、貨物船に乗客は乗りません。荷物だけです。
還住丸よりも船が大きいので、着岸に時間がかかるようです。
こちらも約2週間ぶりで荷物がたくさんあったようです。

2011-09-06 025.JPG

貨物船ゆり丸は約470t、還住丸は約120tです。

2011-09-06 020.JPG

2011-09-06 027.JPG

久しぶりに船が入港すると青ヶ島中が大忙しです。
港で艀作業をする人。
郵便局やヤマトの宅配業者の人。
商店や民宿の方々も食材の積み下ろしに大忙し。
それだけじゃなく、大量の溜まっていた荷物が各家庭に届くわけですから、
一般家庭だってバタバタなんですょexclamation×2

でも、とても活気があってこんな日も好きです。青ヶ島らしい1日でした。

2011-09-06 030.JPG

こちらは旧堤防(三宝港)。
以前は還住丸はここに着いていましたし、貨物船は沖に停泊して艀船で荷物を
陸に運んでいました。
今では、漁船専用になっています。
現在は護岸築造工事を行っているので、先端の方は立ち入り禁止になっています。
だいぶ、延びてきましたね。

2011-09-06 021.JPG


船が欠航してしまうと、青ヶ島で唯一の商店も空っぽになってしまいます。
そう、食材が入ってこないんです。

でも、こんな時でも青ヶ島の人は慌てません。
なかったら無いで何とかなるものです(笑)
ないことや、不便なことには慣れているし、何とかしようという習慣が自然に
身についています。

島で作っている野菜や、卵、春にとったトビウオや、たけのこ。
皆さんそれぞれ工夫して、何とか乗り越えています(笑)民宿や会社はちょっと
大変でしょうけどね。

でもやっぱり、船が来て商店の棚が賑わうと嬉しいものです黒ハート
待っている荷物が来るのは嬉しいものです。
私達の大切な生命線ですから。ありがたいです、感謝です船




















posted by aura* at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 青ヶ島の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぼうさんぽうは今こんな形になっているんですね。久々に見てびっくりしました。新鮮な写真をどうもありがとうございます^^
Posted by nasu at 2011年09月07日 12:08
そうだね。
先端に立つと裏っ側で釣りをしている人が見えて新鮮です。

それにしてもnasuちゃんが来ようとしていたあの日から初の還住だよ(笑)

娘ちゃんすごい予報士!
Posted by nasuさんへ at 2011年09月07日 15:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック