2011年03月30日

教員の離島 おもうわよう

昨年、先生たちを送った時から覚悟はしていたんだけど…(^^;)
仲の良いお友達が島を離れて悲しかった昨年。
でも、ここ数年3年4年と長く青ヶ島で勤務してくださる先生たちが増えてきた。

そんな別のお友達が残ってくれると知って、うれしかったのを覚えている。
と同時に、来年はお別れがもっとつらい。。。そんな思いが脳裏をよぎった。
その来年・・・がついに今日来てしまった。

今年は6名の先生方が青ヶ島を離島されました。
若々しくてスポーツ万能だった副校長、バレーで一緒のチームになって嬉しかった
S先生。3年、4年と青ヶ島で勤務し卒業生を送り出した2人。
学校だけでなく、音楽活動やその他色々な面で地域活動に活躍してくれた2人。
2011-04-03 034.JPG

うぅ。。。この3ショットがあっち側になるなんて、信じたくないたらーっ(汗)ホント、寂しいです。
2011-04-03 039.JPG

お別れは寂しいけれど、ずっとここにいられないのはわかってる。
きっと、数年前私達よりもっとさみしい思いをして、送り出した家族がいるはず。
小さな子供を置いて、単身赴任も大変だったと思います。
2011-04-03 042.JPG

いよいよ、搭乗の合図が出て、ヘリに乗り込むこの瞬間ってたまらないです。
2011-04-03 048.JPG

2011-04-03 049.JPG

年を重ねて少しだけお別れするのが上手になったのかなと、今年は笑顔で
送り出そうと思った。泣かないって決めてたのに、最後の最後でダメだった。
最後にとんAちゃんとハイタッチしてまたね!って言ってみたけど、みるみるうちに
お互い笑顔が崩れちゃったね。(ダメだ、記事を書きながら涙が…)
2011-04-03 051.JPG

2011-04-03 054.JPG

この日はヘリの機長さんから島1週のプレゼント。
島の上空をぐるっと1周して、もう1度お見送りの私たちの頭上を飛んでくれる。
どんなふうに見えるのかな?お天気にも恵まれて素敵なプレゼント、よかったハートたち(複数ハート)
2011-04-03 056.JPG

長く勤務された先生がごっそりいなくなって、私の心の中も、島の雰囲気も少し
変わるだろう。でも、この島には別れの後に必ず新しい風が吹く。
新しくこの青ヶ島に来る様々な人たちが、新しい青ヶ島の一時代を築いてくれる。

寂しさはいつかいい思い出に変わる。
少し形が変わるだけ。出会いが繋がる青ヶ島。
これからも繋がっていく、そして新しい出会いが新たに繋がっていく。
それがこの島の宝かもしれないな。


6名の先生方ありがとう。そしておもうわよう手(パー)
新天地での益々のご活躍をお祈りしております。


● おまけ 
2011-04-03 031.JPG 2011-04-03 032.JPG

いつもレイを作って離島する人に渡していたとんAちゃん。
いなくなっちゃうから頑張って引き継ごうと思って作ってみました。
ものすごーーーーく不器用なので、たくさんできず女性限定でした。
ごめんなさい。



posted by aura* at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 青ヶ島の出会いと別れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。