2011年03月12日

地震 青ヶ島の事。

東北地方太平洋沖地震(M9.0震度7)の青ヶ島への影響について、
情報は少ないですが書き留めておきますね。

3月11日(金)
14時45分頃。
出かけるために玄関で靴を履いていたら揺れを感じました。
それほど大きな揺れではなかったのですが少し長めでした。
(震源地:三陸沖:震度3

しばらくして、村役場から村内放送。
青ヶ島津波警報が発令。津波到達予定時刻は午後3時20分頃。高さ1m。
海岸付近にいる方は至急避難しましょう。港には近づかないようにしましょう。
とのこと。

15時15分頃。
2度目の揺れ。これは1度目より軽く短かったです。
(震源地:茨城沖:震度2
伊豆諸島の津波警報が1mから6mに修正されました。

18時頃、2度目の村内放送。
本日条件付きで運航した還住丸は、津波警報が解除されないため、八丈島
八重根港に入港できず、沖合に停泊。積み荷は明日降ろすそうです。
とのこと。
(追記)3月12日(土)10時45分頃村内放送。
八丈沖に停泊中の還住丸は無事に八丈島底土港に入港したとの村内放送が
ありました。本日は欠航です。

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

青ヶ島での揺れはそれほど大きいものではなく、外で仕事をしていた夫は、
なんと17時過ぎに私と話すまで、地震があったことを知らなかった。
(村内放送が聞こえなかったようです)
結局地震による揺れを感じたのは2回でした。

現在も大津波警報が発令されていますが、青ヶ島の集落は標高250mほどの
ところにあり、海からはだいぶ離れています。
むやみに近づかなければ心配ないと思います。
実際、青ヶ島近郊はこのところ毎日時化ていて、津波が到達したのかどうか
肉眼での確認は難しいです。

小中学校の子供たちは、ヘルメットをかぶって教師引率の元、集団下校を
していました。

内地へ連絡も取りづらくなっていてとても心配です。
TVで見る東北地方の津波の様子、行方不明者の安否、津波での被害者など、
あまりにも胸の痛む現実が広がっています。

今後も余震、津波などには十分気をつけて、被害が広がりませんように。
私たちも気をつけます。


取り急ぎ、青ヶ島の情報はこのような感じです。
これは私の行動範囲での情報と、村内放送によるものです。
誤った情報が拡散しても困りますので、少ない情報ではありますが書き留めて
おきます。


(追記)3月12日(土)青ヶ島は地震なし。夕方大津波警報から津波注意報へ。
明日(3/13)就航予定の還住丸は津波の影響により欠航が決定。

(追記)3月13日(日)青ヶ島は地震なし。夕方津波注意報解除。

(追記)3月14日(月)青ヶ島は地震なし。午前11時過ぎ津波の恐れがある
との放送。還住丸は乗客を乗せずに、荷物の運搬のみの運航となりました。

                                           


posted by aura* at 01:56| Comment(6) | TrackBack(0) | その他の青ヶ島の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かな情報ありがとうございます
皆さん無事のようで何よりです
東京は交通網が麻痺して帰宅難民が出ましたが、ライフラインには影響がなく、TVで各地の悲惨な状況を目の当たりにしています
還住も無事で、今日はまた出航とか・・・
友人は還住に乗っていて、無事でした^^
余震が続くので油断できませんが、皆さんがんばってください
Posted by potsu at 2011年03月12日 10:04
 首都圏では、立っていられないほどかなり揺れを感じました。
 突然の地震があっても慌てないようにふだんから防災を意識しなければならないというのが今回の教訓でした。
 aura*さんもご無事だったようで安心しました。
 揺れを感じる余震が続いています。
 みなさんも気をつけてください。
Posted by 青ヶ島大好き! at 2011年03月12日 13:56
ご無事の様子で何よりです。

私の住む多摩地区でも初めて経験する
大きな揺れでしたが、人的にも、物的にも
被害が無く日常の生活が送れています。

震災してすぐは、何もかも自粛すべきだ、
それどころでは無いと考えましたが
今は、過剰に自粛すべきでは無いと
被災地で無い地域は、日常の元気な
様子を届ける事も復興支援になるのかなと
考えています。

経済の縮小が全てに影響し心配ですが
命ある事に感謝し出来る事からやって行きます。
Posted by 羽村@小島 at 2011年03月19日 11:03
お返事遅くなりました。
青ヶ島では3/11以来地震はなく、申し訳ない位
変わらぬ日常を過ごさせていただいています。
地震直後は内地の多くの友人が何時間もかけて徒歩で帰宅したり、
帰れなかったと聞きました。
地震から2週間少しずつライフラインが復旧してきたとはいえ、
ご家族や親類をなくされたり、自宅をなくされた方のご心労は
計り知れないものがありますね。
私たちの島も火山島ですし、大きな地震がいつ来るかわかりません。
普段から非常時の備えをしておかなければと思いました。
potsuさんは東京にお住まいなんですか。
まだまだ余震が続いておりますので、どうかお気をつけて。
Posted by potsuさま at 2011年03月28日 13:58
お返事遅くなりました。
小島さまもご無事で何よりです。
確かに地震直後は、今までに経験したことがないような被災地の様子に
こちらも気力を失い、精神的に沈んでしまったり、
それが自粛につながってしまうことは仕方がなかったかもしれません。
でも必要以上の自粛にその他の経済が落ち込んできてしまっているようですね。
出来る限りの支援と普通の生活をすることが
今私たちに求められているのかもしれませんね。
今後ともどうかお気をつけて、そして笑顔を忘れずに行きましょう!
Posted by 羽村@小島さま at 2011年03月28日 16:41
お返事遅くなりました。
千葉の方でもだいぶ被害が多かったようですね。
最近では地震も多く続いているようで、
ご心労が重なっているのではないかと思います。
青ヶ島は初日の揺れ以来、地震は来ておりません。
お陰様でいつも通りの生活をさせていただいていることを
ありがたく思っています。
本当に日頃からの準備は大切ですね。
これからも地震が続くかもしれませんが、
どうぞお気をつけてお過ごしくださいね。
Posted by 青ヶ島大好き!さま at 2011年03月28日 16:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。