2010年04月04日

中学生の旅立ち

今シーズン青ヶ島のお別れ、最後の記事だと思います。
この春、3名の中学生が、高校進学のため離島しました。
ご存じ、青ヶ島には高校がないため、中学を卒業すると親元を離れて、
八丈島や、東京のなど内地の高校へ進学します。

今回旅立った3名は、すでに兄弟などが内地で生活しているようで、
一緒に生活をされるようです。
長男、長女さんなど、初めて内地へ出る方は、高校生のうちから1人暮らし
という場合が多いようです。
掃除洗濯、食事作りなど、ほとんど自分でするのですから、すごいことですね。
青ヶ島に来るまで親元で生活していた私には、考えられないことです。

中学生の離島の様子は写真でカメラ
中学生を囲んで、新しいスタートへの応援歌「旅ゆく君へ」をみんなで。
2010-3-22 004.jpg

とても頑張り屋さんで、みんなのお手本だったYちゃん。
バレーボールをとても楽しみにしていてくれたようで、水曜日のクラブで、
一緒に練習をしました。
運動神経の良さと、負けん気の強さと、若さかな?毎週毎週、驚くほどの
上達をしていくのが感じられました。
私も高校時代に戻ったような気分で、とっても楽しくプレー出来ましたハートたち(複数ハート)
また、帰ってきたときはやろうねexclamation×2
2010-3-22 008.jpg

2010-3-22 016.jpg

2010-3-22 027.jpg

とても礼儀のよかったKくん。
卒業式の日もお年寄りの集まりに、無事に卒業しましたと、挨拶に来てくれました。
おじいちゃんとお別れ。おじいちゃん、一度に2人の孫とお別れしなければ
ならなくて、寂しいよ〜とおっしゃっていました。
2010-3-22 081.jpg

2010-3-22 090.jpg

2010-3-22 095.jpg

2010-3-22 104.jpg

4月に入ってから最後に離島したのはKくん。
青ヶ島を知るきっかけになったご縁。初めての青ヶ島で、4歳の時にお世話に
なってから早12年。ホントに大きくなったなハートたち(複数ハート)
私の青ヶ島暮らしの歴史を感じるなぁ^^
2010-4-2 011.jpg

2010-4-2 038.jpg

2010-4-2 047.jpg

お別れは寂しいけれど、中学生には未来がある。
これから、青ヶ島では経験できなかったことがたくさんある。
いいことも、そうではないことも、色々経験して自分の財産にしてほしい。

青ヶ島で学んだことを、誇りに思って頑張ってほしいなハートたち(複数ハート)
みんな、頑張ってねexclamation×2




posted by aura* at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 青ヶ島の出会いと別れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
別れはつらいですが、彼ら、彼女たちにとって、青ヶ島でのことは絶対に忘れることがないでしょうね。
できれば将来、何らかの形で青ヶ島にかかわりのある仕事をなされれば、うれしいですね。

できれば、ホームステイを受け入れることを含めて、青ヶ島に高校があれば良いのに。(かなり難しいでしょうが)
Posted by バシケン at 2010年04月06日 22:28
高校が出来るのはまず無理でしょうね。
このまま行くと、残念ながらあと3年後には
保育園児がいなくなってしまうかもしれません。
そのあたりの対策がまず必要でしょうね。
Posted by バシケンさんへ at 2010年04月07日 16:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。