2009年11月06日

港ウォーキング&三七日

ここ数日、本当にきれいに八丈島が見えます。
夜もライトがたくさん見えてきれいでした。
八丈島でも青ヶ島でも、「八丈島(青ヶ島)がくっきり見えると翌日は雨」という、
昔からの言い伝えがあるようですが、最近はそうでもないみたい。
2009-11-5 014.jpg


さて、夫が今日は夕方港へお線香をあげに行こうとのこと。
今日も夕陽が綺麗そうだったので、どうしても港で夕陽が見たくて、
一足先に出発exclamation×2港までウォーキングをしました手(チョキ)

どのくらいで着くかな?と時計を見ながら出発。
15時45分…青ヶ島小中学校前出発
16時03分…流し坂トンネル→ここからトンネルを歩かず旧流し坂へ。
16時12分…広江建設プラント
16時25分…さんたやり
16時30分…青宝トンネル
16時35分…港着  

所要時間、なんと50分。うそ、近いっexclamation×2 
何だかあという間に着いちゃった感じで、ちょっと物足りないなぁ。

2009-11-5 019.jpg

2009-11-5 020.jpg

2009-11-5 021.jpg

2009-11-5 022.jpg

2009-11-5 024.jpg


久しぶりに見た港は工事がたくさん行われていて活気がありました。
崖崩れの工事、船の待合所の工事、港の工事など、多くの業者さんが
青ヶ島のために働いてくださっています。
皆さんご家族と離れて、この何もない青ヶ島で…。感謝です。
たまにはこういうお仕事の現場も見ておくべきだなと思いました。

そして、トンネルを抜けると、ぴったり夕陽タイム晴れ

2009-11-5 025.jpg

何年ぶりだろう。港で夕陽を見たのは…。ほんと綺麗だな。
2009-11-5 029.jpg

2009-11-5 031.jpg

2009-11-5 039.jpg

太陽が水平線に沈んだ後も、うっとり見とれるほどの美しさ。来て良かったハートたち(複数ハート)
2009-11-5 054.jpg


そして港にお線香を。
2009-11-5 064.jpg


10月15日の突然のお別れのあの日から、3週間。
義母の話によると、青ヶ島の風習では、未婚の男性の忌みは三七日
(正式には昨日(11/4)ですが)で明けるそうです。
故人は青ヶ島の方ではないけれど、25年くらい青ヶ島で働いていたので、
立派な青ヶ島人。仲間で集まって、この三七日の節目に献杯。

生前「aura*ちゃん何か歌ってよ〜」ってよく言ってくれた歌を、
友人と賑やかに歌って、思い出話をしながら供養してきました。
こうやって賑やかに想っている方が、喜ぶのかなって思えて。


ため息の数も、涙の数も少しずつ減ってきたかな。
決して忘れてきているわけじゃないけど、少しずつ受け入れていかなくちゃね。

こんな話ができるようになっただけでも、少しは前進したのかな?







posted by aura* at 00:34| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の青ヶ島の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
おや!?小笠原からのアクセスなんですか。
私も今年の夏、母島に行ってきました。
母島でも青ヶ島が恋しくて、このブログによく遊びに行きました。(笑)
小笠原にするか、青ヶ島にするか・・・大きな決断が必要なんですね。
でも、どちらも温かい人ばかりなので、大丈夫かなと私は思います。

さて、集落から三宝港まで歩かれたそうですね。クルマだとジェットコースターのような都道236号線なので、かなり距離があると錯覚してしまいそう・・・。
でも、地図情報システムによれば、村役場から三宝港まで4424メートル、時速3キロの徒歩で行けば1時間28分と出ていました。
1番最後の写真、「明」と「暗」のグラデーションがとても美しいなあ〜。
Posted by 青ヶ島大好き! at 2009年11月06日 21:53
少し早歩きでした。
4.5km位なんですね。知りませんでした。
教えてくださってありがとうございます。

港の夕陽は感動しました。
余韻がとくにいいですね。
Posted by 青ヶ島大好き!さんへ at 2009年11月12日 06:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。