2008年08月11日

祭りの後の寂しさ

牛祭りの翌日は、朝から会場の片づけがあります。
昨日はあんなに活気づいていた会場ですが、黙々と撤収作業が
行われていきます。
2008-8-10 167.jpg

片付け終了後はこんな感じ。何ともあっさりちょっと寂しい感じです(≧▽≦)
午前中には終了して、その後は港へ船
2008-8-10 169.jpg

牛祭り翌日は、1年でいちばん還住丸船の乗客が多い日。
牛祭りのために来島していた人や、休暇の人様々ですが、
かなり多くの人が青ヶ島を後にします手(パー)
今日の乗客は44名だそうです。(定員45名)
ヘリも合わせると、1日で60名以上の人が青ヶ島から出て行ったことになります。
この見送りも、何ともいえない寂しさ。。。
2008-8-10 186.jpg

終わっちゃったな〜祭りたらーっ(汗)

2008-8-10 188.jpg


posted by aura* at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 牛祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まるで私も牛祭りの会場に行っているかような気分をさせてくれる、たくさんの写真ありがとうございます\(^o^)/
今年の牛祭りはバージョンアップしたみたいですね。
北京オリンピックの開会式は聖火を片手に空中走行などの派手さも出ていましたね。
写真を見て、ああっ、北京オリンピックを思い出しました(笑)
さすがに青ヶ島、若い人たちの団結で祭りの規模は伊豆諸島ナンバーワンかな。
本当に本当にお疲れ様でした〜\(^o^)/
Posted by 青ヶ島大好き! at 2008年08月17日 22:47
★青ヶ島大好き!さんへ★

人口の少ない島ですから、
できることも限られてしまいますが、
今年は次の世代が頑張ってくれました。
また、この先の祭りも楽しみです。
これが終わってしまうと、ちょっと気が抜けちゃいますが、
また畑仕事でも頑張ります(^^;)

Posted by aura*より at 2008年08月18日 20:04
はじめまして!
漂流と言う小説を読んでから青ヶ島について興味を持ち始め、いつも楽しみに拝読させてもらってます。
遠く広島県の尾道市から青ヶ島に思いを募らせていますが、いつの日か必ず行ってみたいと思っています。
ブログの更新は大変だと思いますが、今後もよろしくお願いします。
Posted by 尾道の熊サポ at 2009年08月16日 09:47
はじめまして。
コメントありがとうございます。

漂流という小説は私はまだ読んでいませんが、
今、読んでみたいものの一つです。
この本を読んで、青ヶ島に興味を持たれるとは、
とても素敵な本なのかな?

ブログの更新は無理なく、マイペースで行っているので大丈夫です^^
応援していただいてありがとうございます。
いつか青ヶ島に遊びに来られるといいですね。
Posted by 尾道の熊サポさんへ at 2009年08月16日 16:15
早速のご返事ありがとうございます。
青ヶ島には子どもがもう少し大きくなったら家族で行きたいと考えています。
目標は3年後の牛祭りです。何とか夢を叶えたいと思っています。
漂流を読んだきっかけは、高知に旅をした時に偶然、主人公の野村長平の事を知りました。
何気に興味を持ち、小説を買って読んでみると感動して何度も読み直しました。
それまでは、青ヶ島の事は全く知らなかったですが、長平が鳥島から生還した島として興味を持ちました。
青ヶ島について調べているうちに益々興味が湧き、今ではかなりの青ヶ島通になっています。
Posted by 尾道の熊サポ at 2009年08月16日 16:45
ご家族での青ヶ島旅行、実現するといいですね。
牛祭り時期は交通手段も、宿泊施設も混雑します。
ヘリコプターの予約は1ヵ月前ですが、
飛行機や宿泊施設のご予約は早めがいいと思います。

もしかしたら、住んでいる私より青ヶ島通かもしれませんね(笑)
Posted by 尾道の熊サポさんへ at 2009年08月17日 13:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。