2012年11月18日

学校公開

今日の青ヶ島は晴れ晴れ
昨夜はゴーゴーと恐ろしい風が吹いていて、ちょっとした台風かと思いました。
今日は陽射しがあったのでだいぶ暖かく感じました。
特に池之沢は無風でぽかぽか陽気でした。

      
      2012111814110000.jpg

2012-11-16 016.JPG



さて、11月15日〜17日まで青ヶ島小中学校の学校公開がありました。

青ヶ島の小中学校は、専門の教室以外は、ほとんどの教室にしきりの
ドアがないです。
この日は低学年のオープンスペースで話し合いをしていました。
それと、チャイムもありません。

2012-11-16 035.JPG


こちらは中学生の数学の授業。
中学生の授業って、恥ずかしながらすっかり忘れちゃって…
こんなに難しいことを、みんなやってるんだなぁ、大きくなったな〜なんて。
そんなことで成長を感じたりして(笑)

      2012-11-15 028.JPG


2012-11-16 037.JPG 2012-11-16 038.JPG


小学4.5年が折り染めをしていました。
障子紙を三角や四角に折って染料をつけるのです。
どんな模様になるかは、開いてからのお楽しみ。

やってみなよ。って小5のKくんが折った紙をくれました。優しい黒ハート

2012-11-16 040.JPG 2012-11-16 041.JPG

出来上がったのはこんな感じ。
素敵ですよね〜。結構大人もはまってやってましたょ。
便箋にしたり、封筒にしたり色々な使い方ができそうですね。

2012-11-16 042.JPG

男所帯の5年生の教室が、とっても明るい感じで素敵だったので、ぱちりカメラ

      2012-11-15 035.JPG


17日(土)は道徳地区公開講座。
道徳の授業とスクールカウンセラーの講演会がありました。

小学4年生の道徳の授業を聞いたのですが、とっても良かったです。

あなたの宝物はなんですか。
こんな問いかけから始まった授業。
青ヶ島の宝は間違いなく子供たちだなぁと。そんなことを思いながら
聞いていました。

沖縄の過疎地の小学校から子供を途絶えさせないように、島の人がどんな
努力をしたのか…
まさに、青ヶ島が直面していること。
大人でも答えが見つからない問題に、島の子供たちは何を感じているのか。

とってもいい空気感。
子供たちの真剣さを導く、見ている私も引き込まれるような時間でした。
学校の先生って、幸せなお仕事なんだなぁって思いました。

2012-11-16 002.JPG


こちらは中学生の教室でみつけたもの。
以前青ヶ島中学校にいらっしゃった大好きな先生のお言葉。
懐かしいな。お元気かなぁわーい(嬉しい顔)手(パー)

2012-11-15 030.JPG


学校公開楽しかったグッド(上向き矢印)
子供たちや先生方や、お母さんたちからも色々なことを学んだ気がします。









posted by aura* at 22:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 青ヶ島の子供たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。