2011年03月12日

地震 青ヶ島の事。

東北地方太平洋沖地震(M9.0震度7)の青ヶ島への影響について、
情報は少ないですが書き留めておきますね。

3月11日(金)
14時45分頃。
出かけるために玄関で靴を履いていたら揺れを感じました。
それほど大きな揺れではなかったのですが少し長めでした。
(震源地:三陸沖:震度3

しばらくして、村役場から村内放送。
青ヶ島津波警報が発令。津波到達予定時刻は午後3時20分頃。高さ1m。
海岸付近にいる方は至急避難しましょう。港には近づかないようにしましょう。
とのこと。

15時15分頃。
2度目の揺れ。これは1度目より軽く短かったです。
(震源地:茨城沖:震度2
伊豆諸島の津波警報が1mから6mに修正されました。

18時頃、2度目の村内放送。
本日条件付きで運航した還住丸は、津波警報が解除されないため、八丈島
八重根港に入港できず、沖合に停泊。積み荷は明日降ろすそうです。
とのこと。
(追記)3月12日(土)10時45分頃村内放送。
八丈沖に停泊中の還住丸は無事に八丈島底土港に入港したとの村内放送が
ありました。本日は欠航です。

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

青ヶ島での揺れはそれほど大きいものではなく、外で仕事をしていた夫は、
なんと17時過ぎに私と話すまで、地震があったことを知らなかった。
(村内放送が聞こえなかったようです)
結局地震による揺れを感じたのは2回でした。

現在も大津波警報が発令されていますが、青ヶ島の集落は標高250mほどの
ところにあり、海からはだいぶ離れています。
むやみに近づかなければ心配ないと思います。
実際、青ヶ島近郊はこのところ毎日時化ていて、津波が到達したのかどうか
肉眼での確認は難しいです。

小中学校の子供たちは、ヘルメットをかぶって教師引率の元、集団下校を
していました。

内地へ連絡も取りづらくなっていてとても心配です。
TVで見る東北地方の津波の様子、行方不明者の安否、津波での被害者など、
あまりにも胸の痛む現実が広がっています。

今後も余震、津波などには十分気をつけて、被害が広がりませんように。
私たちも気をつけます。


取り急ぎ、青ヶ島の情報はこのような感じです。
これは私の行動範囲での情報と、村内放送によるものです。
誤った情報が拡散しても困りますので、少ない情報ではありますが書き留めて
おきます。


(追記)3月12日(土)青ヶ島は地震なし。夕方大津波警報から津波注意報へ。
明日(3/13)就航予定の還住丸は津波の影響により欠航が決定。

(追記)3月13日(日)青ヶ島は地震なし。夕方津波注意報解除。

(追記)3月14日(月)青ヶ島は地震なし。午前11時過ぎ津波の恐れがある
との放送。還住丸は乗客を乗せずに、荷物の運搬のみの運航となりました。

                                           


posted by aura* at 01:56| Comment(6) | TrackBack(0) | その他の青ヶ島の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。