2011年03月31日

15の旅立ち&旅ゆく君へ

青ヶ島には高校はない。
中学を卒業すると親元を離れて進学のため、島を出ることになる。
そのため、青ヶ島小中学校の教育目標は「自立」。
自分の15歳当時を考えても、高校生活を知らない土地で1人で始めるなんて、
想像もできない。でも、
青ヶ島の子供たちはたった15歳で、それをしなければならない。

20年前、夫も同じように青ヶ島を後にしたそうだ。
写真を見ると当時のあおがしま丸に、笑顔で紙テープを持つ15歳の少年。
東京に行ける!てワクワクして嬉しくてたまんなかったのだかとか(笑)

今年も3名の卒業生が青ヶ島を出発しました。
上に兄弟がいる子は、まだ少し余裕があるのかな?
でも、まったく初めてっていう子は、本人もさることながら、ご家族も不安と寂しさで
いっぱいだろう。

今日、一人の少年が青ヶ島を旅立った。
2011-04-03 059.JPG

中学3年生って、青ヶ島では最高学年だから、島の子供たちにもきっと慕われて
いたんだろう。大勢の子供たちが別れを惜しんでお見送り。
スポーツ万能でかっこよかったもんね^^
他に島の人や、学校の先生もたくさんお見送り。
             2011-04-03 060.JPG 

新生活の準備のため、お母さまと一緒に離島。ちょっと不安そうな顔してる。
弟くんがとっても寂しそうだった。
でも、今度は弟くんたちが学校を背負っていく番だね。
こうやって世代交代しながら、みんな成長していくんだろうね。
2011-04-03 068.JPG

一足先に島を出た2人。
私は出島中でお見送りができなかったので、友人が送ってくれた携帯画像から。
20110323093351.jpg

1人はお隣の島へ。八丈の皆さんよろしくね。
           20110323093413.jpg

2011-04-03 073.JPG

夢に向かって大きく羽ばたいてほしい。
青ヶ島では出来なかったことも、たくさん経験して成長してほしいですね。
青ヶ島で過ごした誇りと、家族、友達、島をを思う気持ちを忘れずに。頑張ってexclamation×2



旅立つ皆さんをお送りする歌は、青ヶ島で撮影された映画「アイランドタイムズ」の
主題歌です。

旅ゆく君へ (ちめいど)

1、忘れものみたいな 心細い月の夜は 
 ベランダ寝転んで 遠い空に交信する
 君が今どこかで 一人きりじゃなけりゃいいな
 あてなき願いより 随分マシな祈りだろう?

 新しい暮らしに負けそうな時は呼びなよ 
 僕らのあいだには ジャマするものはないのさ
 旅ゆく友 今君に届けたいんだ 
 僕がいる 君がいる 風の音がホラ、聞こえるかい?

2、いつか思い出して 心の奥 静寂に咲く
 ずっと色褪せない 宝物を共有してる
 君に生えた羽が風に乗った夢を見たよ
 だから期待してさ 窓を開けて顔を見せて

 新しい暮らしは僕らに何をくれるだろう
 無いもの数えてた 昨日はきっと終わるんだ
 旅ゆくとも また少し泣きたい時も
 僕にある 君にある 真実がホラ、後押しする

 描いてる未来に意味なんかなくてもいいさ
 僕らは変わらない笑顔で きっとまた会おう
 旅ゆく友 今どこで思い出してる?
 僕がいて 君がいた 風踊るこの故郷(青ヶ島)を

 心に咲いた故郷(青ヶ島)を

実際の歌を聴きたい方はこちらから。(音が出ますので注意)




posted by aura* at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 青ヶ島の子供たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

教員の離島 おもうわよう

昨年、先生たちを送った時から覚悟はしていたんだけど…(^^;)
仲の良いお友達が島を離れて悲しかった昨年。
でも、ここ数年3年4年と長く青ヶ島で勤務してくださる先生たちが増えてきた。

そんな別のお友達が残ってくれると知って、うれしかったのを覚えている。
と同時に、来年はお別れがもっとつらい。。。そんな思いが脳裏をよぎった。
その来年・・・がついに今日来てしまった。

今年は6名の先生方が青ヶ島を離島されました。
若々しくてスポーツ万能だった副校長、バレーで一緒のチームになって嬉しかった
S先生。3年、4年と青ヶ島で勤務し卒業生を送り出した2人。
学校だけでなく、音楽活動やその他色々な面で地域活動に活躍してくれた2人。
2011-04-03 034.JPG

うぅ。。。この3ショットがあっち側になるなんて、信じたくないたらーっ(汗)ホント、寂しいです。
2011-04-03 039.JPG

お別れは寂しいけれど、ずっとここにいられないのはわかってる。
きっと、数年前私達よりもっとさみしい思いをして、送り出した家族がいるはず。
小さな子供を置いて、単身赴任も大変だったと思います。
2011-04-03 042.JPG

いよいよ、搭乗の合図が出て、ヘリに乗り込むこの瞬間ってたまらないです。
2011-04-03 048.JPG

2011-04-03 049.JPG

年を重ねて少しだけお別れするのが上手になったのかなと、今年は笑顔で
送り出そうと思った。泣かないって決めてたのに、最後の最後でダメだった。
最後にとんAちゃんとハイタッチしてまたね!って言ってみたけど、みるみるうちに
お互い笑顔が崩れちゃったね。(ダメだ、記事を書きながら涙が…)
2011-04-03 051.JPG

2011-04-03 054.JPG

この日はヘリの機長さんから島1週のプレゼント。
島の上空をぐるっと1周して、もう1度お見送りの私たちの頭上を飛んでくれる。
どんなふうに見えるのかな?お天気にも恵まれて素敵なプレゼント、よかったハートたち(複数ハート)
2011-04-03 056.JPG

長く勤務された先生がごっそりいなくなって、私の心の中も、島の雰囲気も少し
変わるだろう。でも、この島には別れの後に必ず新しい風が吹く。
新しくこの青ヶ島に来る様々な人たちが、新しい青ヶ島の一時代を築いてくれる。

寂しさはいつかいい思い出に変わる。
少し形が変わるだけ。出会いが繋がる青ヶ島。
これからも繋がっていく、そして新しい出会いが新たに繋がっていく。
それがこの島の宝かもしれないな。


6名の先生方ありがとう。そしておもうわよう手(パー)
新天地での益々のご活躍をお祈りしております。


● おまけ 
2011-04-03 031.JPG 2011-04-03 032.JPG

いつもレイを作って離島する人に渡していたとんAちゃん。
いなくなっちゃうから頑張って引き継ごうと思って作ってみました。
ものすごーーーーく不器用なので、たくさんできず女性限定でした。
ごめんなさい。

posted by aura* at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 青ヶ島の出会いと別れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サックスデュオ「とんぶくろ」ラストライブ

青ヶ島で運命的な出会いをし、結成されたサックスデュオ「とんぶくろ」。
結成3年の集大成。この度とんぶくろの1人が4年間の青ヶ島でのお仕事を終え、
島を離れることになりました。一旦、青ヶ島での活動は終止符です。

3/27(日)学校ホールにて、最後のステージが行われました。
会場には多くの方が集まり、とんぶくろの最後の演奏に聞き入っていました。

とんぶくろの青ヶ島での活動は、牛祭りを始め、演芸会、敬老会、ライブ活動など
多数。今年の1月には、八丈島の文化フェスティバルにも参加しました。

2011-3-29 011.JPG

まずはソロで。とんAちゃんは4種類のサックスの聞きくらべを。
それぞれのサックスで名曲を披露。
2011-3-29 009.JPG

ぶくろKちゃんは、中島みゆきさんの時代と、イルカさんのなごり雪。
2011-3-29 004.JPG

2011-3-29 018.JPG  2011-3-29 007.JPG

実はとんAちゃんは、社会人になってからサックスを始めたのだそう。
同じくぶくろKちゃんも、青ヶ島でAちゃんと運命の出会いをしてから、夢だった
サックスを始めたのだそう。
何でも、やろうよ!って背中を押してくれる人でした。
しばらくこの2ショットが見れなくなると思うと寂しいな。
2011-3-29 022.JPG

とんぶくろ最後のステージでの演奏曲はるんるん
● ギザギザハートの子守歌 ● インザムード ● 島の別れ唄
● 上を向いて歩こう ● 旅ゆく君へ
2011-3-29 020.JPG

演奏が終わり、とんAちゃんからぶくろKちゃんへ、サプライズの感謝状が。
KちゃんはAちゃんと出会うずっと前からサックスをやりたいって思っていたんだって。
すごいね。赤い糸で結ばれていたんだね^^ こんな小さな島で素敵な出会いハートたち(複数ハート)
2011-3-29 034.JPG

このライブでは、東北関東大震災の被災者の皆様への義援金を募っていました。
集まったお金は日本赤十字社を通じて、被災地の皆様へ届けられるそうです。
2011-3-29 023.JPG  2011-3-29 054.JPG

一番大きいの持たせてもらったら、すごく重いのね。
私は音楽心が全くないので、楽器のことはわからないけれどこんな思いの持って
よく吹けるわ(笑)
2011-3-29 056.JPG

3年間本当にありがとう。
2人の活動は、青ヶ島に元気をくれたよね。
もし将来、サックスやりたいなんていう島っ子がいたら素敵だねぴかぴか(新しい)
2011-3-29 051.JPG

でもさ。
とんぶくろは、永遠に不滅だけどね手(チョキ)

posted by aura* at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 青ヶ島のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

トビウオ大漁!

3月28日月曜日。
久しぶりに凪いだこの日、「aura*ちゃん今日行くよ!」ってとびくんオーナー。
ふふっ♪ついに来たーexclamation×2
地震の影響で大津波警報が出ていたり、時化が続いたりと、予定より遅れて
今年のトビウオ漁が始まりました。

トビウオ漁と言えば春の風物詩。
まだ寒い日が続く青ヶ島ですが、今年もトビウオの季節が来たなって嬉しいるんるん
初日は1000匹くらいだったそうです。

そして、翌日も出漁。
下手するとあっという間に時化ちゃいますから、行けるときに行かなくっちゃですね。
この日は3700匹の大漁ということで、お手伝いに行ってきました。
だいたい、シーズンに1度は夫婦でお手伝いに行かせていただきます。

2011-04-03 001.JPG

2011-04-03 002.JPG

この日は大漁で、途中で網を残して一度引き返し、再び網を取りに行ったそうです。
2011-04-03 005.JPG

どれくらいの人がいたかな?20人くらいいたかな?
網からトビウオを丁寧に外して、それを軽く海水で洗い、数えながら樽に入れる
作業をします。
2011-04-03 006.JPG

2011-04-03 008.JPG

大漁だったので樽が足りずに、仕方なく100匹ずつの山にして応急処置。
2011-04-03 012.JPG

独特のトビウオのにおいに包まれて(笑)長靴の中は水浸し、手袋してても水浸し。
でもそんなの気にしない。皆さん必死で作業に没頭します。
2011-04-03 013.JPG

この日は1回目の船が着いてから、2時間半くらいで作業終了。
何年か前、5000匹だったときは、夜中の12時半だったけ(笑)
この後岡部に上がって、各自樽に氷を入れて、塩入れてトビを氷で〆る作業。
2011-04-03 017.JPG

そして翌日は皆さんだいたい島外の親戚や知り合いに送ることが多いですね。
朝からその荷造りに大忙し。
そして残ったトビウオを捌いたり、加工したりと数日間トビウオ三昧な日が続くのです。
幸せは大忙しな訳ですハートたち(複数ハート)

このトビウオは青ヶ島では「とびくん」という燻製の商品になります。
本当は商品用のトビウオですが、いつも漁の初めの大漁の時には、島の人々に
トビウオを配ってくださるんです。ありがたいですね。感謝感謝ですわーい(嬉しい顔)

皆さん、青ヶ島のとびくん買ってねぴかぴか(新しい)
青ヶ島ではくさやは作っていないんです。
なので青ヶ島のお魚の加工品はこれだけ。とびくんは燻製にする前の塩干しに、
ひんぎゃの塩を使っています。
なかなかどこにでもある商品ではないのですが、どこかでお見かけした際は
ぜひぜひ、お試しください。

★ ただ今、長くさぼったつけを取り戻すべく、過去に戻って怒涛の更新中です。(予定)まだ1個目(^^;)






posted by aura* at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 青ヶ島の海のもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの更新です

久しぶりの更新になりました。

元々予定していた膝の病院の為、1週間弱、実家に帰省していました家
実家に滞在中は、毎日のように震度3〜4の地震がありました。
地震、交通機関の乱れ、計画停電、品切れ…青ヶ島ではTVやネットでしか
わからなかったこと、少しだけ経験してきました。

青ヶ島では欲しくても無いものが多いので、さほど気にはなりませんでしたが、
物があるのが当たり前、電気がつくのも当たり前、電車も時間通り来るのが当たり前
という生活をしていると、やはりその積み重ねはストレスになってしまうでしょうね。

地震も揺れているのかいないのか、揺れていないのに揺れているような錯覚や、
地震の揺れによる酔いなどがあり、毎日これを繰り返している多くの人達は大変です。短い滞在でしたが、だんだん震度3くらいの地震では驚かなくなっている空気があってこれも怖いことだなと思いました。

被災者の方々は精神的にも身体的にも、もっともっと苦しい状態が続いているの
ですよね。少しずつ避難所の方々の前向きな声が届いてきています。
とてもうれしいことですが、肉親や友人をなくしたり、家をなくしたり、そんな方々が
全国からの支援物資やボランティアに対して、心からありがたいという感謝の
気持ちを述べている姿を見て、本当に頭が下がる思いです。

どうか、TVであまり報道されない地域や、支援が行き届かず未だに食べるものも
食べられない地域などにも暖かい手が差し伸べ得られますように。


さて、ここからは青ヶ島のこと。
下の2枚はヘリコプターからの青ヶ島の様子です。(2011.3.24曇り)
全景は撮影できませんでしたが、普段とは少し違う景色かもしれません。
2011-3-25 001.JPG

2011-3-25 007.JPG

最近の青ヶ島ですが、間もなく4月だというのに今一つ暖かくなりません。
お天気が良くても、まだ風が冷たくて寒い日が多いです。
それでも、チューリップが咲き始めたり、グミの実が色づいてきたりと、着実に春は
近づいているようです。


こちらは今日の青ヶ島。
まだ少し風が冷たいのですが、風が止めば暖かいです晴れ
青ヶ島の3月と言えばお別れの季節です。中学校を卒業した子供たちや、教員、
医師、お仕事の方々が新天地へ向けて青ヶ島を離れます。
2011-3-29 068.JPG

今日は長年、農業、切葉などの指導に来てくださっていた金川先生 (東京都島しょ
農林水産 総合センター八丈事業所)が定年退職の為、青ヶ島での最後のお仕事を
終えて八丈島へお帰りになりました。

義父の時代からのようなので、もう30年?もっと?青ヶ島に通い続け、指導をして
くださったそうです。
現在青ヶ島では、ロべやキキョウランなど多くの切葉が生産・出荷され、青ヶ島の
産業の一つとして発展してきました。これも金川先生のご指導のおかげです。
我が家もこの3年くらいとてもお世話になりました。本当ありがとうございました。
お隣の八丈島ですからね。またお会いできるような気がします。
うん、会いに行こうexclamation×2
2011-3-29 063.JPG



この1週間、女子バレーボールクラブの送別バレーや、サックスデュオ「とんぶくろ」の
青ヶ島ラストステージもありました。こちらの記事はまたの機会に。

お知らせ1
青ヶ島村ホームページがとても素敵にリニューアルしました。
以前に比べると遥かに情報量が多く、青ヶ島を訪問する方にはとてもわかりやすいと
思います。少しでも青ヶ島を近くに感じていただけると嬉しいです。
どうぞ、観光やお仕事などでいらっしゃる方、また青ヶ島に興味をお持ちの方は
ご覧になってみてください。HPは→こちらからどうぞ。

お知らせ2
ブログの更新はさぼりがちですが、12月頃から始めたツイッターでは、ほぼ毎日の
ようにつぶやいています。興味のある方は覗いてみてください。
ツイッターアカウント aura_aura29_







posted by aura* at 02:11| Comment(2) | TrackBack(1) | 青ヶ島の出会いと別れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

女子バレー送別会

青ヶ島で定期的に活動が行われている女子のスポーツは、今のところ、
この女子バレー部だけだと思います。

青年団のバレーボール大会の中で、女子大会をやらせていただくようになって5年。
だんだん盛り上がってきて、定期的に練習をするようになってから、2年ちょっと。
始めは月に1回だった練習も、今では月2回やるようになりました。

今年はそんな女子バレーの歴史を、共に支えてきてくれた方々が離島することに。
そして今年1年限定でお仕事に来て、とても意欲的にクラブに参加してくれた
保育士のMちゃんも最後の練習。毎年このお別れの時期はとても寂しいです。
でも、感謝の気持ちと、新しい出発を応援したいなと思います。

最後の送別バレーには多くの人が集まってくれましたぴかぴか(新しい)
3チームに分かれてゲームをたくさんやりました。

皆さんとてもバレーがとてもお上手で、チームに入るとムードメーカーとして
頑張ってくれました。
2011-3-25 024.JPG 2011-3-25 022.JPG

2011-3-25 019.JPG 2011-3-25 017.JPG

2011-3-25 034.JPG 2011-3-25 036.JPG

2011-3-25 057.JPG

2011-3-25 043.JPG

2011-3-25 044.JPG 2011-3-25 035.JPG

2011-3-25 060.JPG

2011-3-25 051.JPG 2011-3-25 040.JPG

2011-3-25 046.JPG 2011-3-25 055.JPG

2011-3-25 053.JPG

写真見ていると、楽しかった思い出が蘇るのと、本当に最後なんだという寂しい
気持ちが交差します。
共に汗を流して、ボールを追いかけて笑ったこと、本当に大切な思い出。
楽しかったねるんるん 素敵な思い出をありがとう。

女子バレーは20代から50代まで、幅広い年齢の人たちが参加してくださっています。
お仕事や家事、子育てなどから少し離れて、気分転換として楽しんでいただけたら
とても嬉しいことですね。

2011-3-25 065.JPG

お別れ寂しいけれど、また新しい仲間を増やして、皆さんが築いてくれたものを
繋いでいきたいと思います。


posted by aura* at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 青ヶ島のスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

卒業式は未来への第一歩

今日の青ヶ島は晴れ。
とても綺麗な青い空が広がっています。

2011-3-19 054.JPG


震災から1週間が経ちました。
この1週間、TVやツイッター等で震災に関する様々なニュースを目にしました。
残酷な現実、悔しさ、悲しみ、痛み。日本人の強さ、優しさ、世界中の思い等々。

従姉家族の安否がわからなかった4日間の思い。
青ヶ島にも東北地方出身の方がいらっしゃいますので、今でも心配が絶えないこと
と思います。
被災地や全国で、家族の行方が分からない方、家をなくした方が多くいらっしゃる。
それを思うと、胸が締めつけられる思い。同時にその苦しみははかり知れない。

それでも自分の中でひと段落つけ、元気な所が必要以上に肩を落としすぎちゃ
いけない。この現実から目を逸らさないけれど、前向きにいかなくてはいけないと
思いました。

この小さな島から、ちっぽけな1人の人間として何ができるのか。正直わからない。
今は、当たり前のように過ごしている毎日に感謝して、精一杯生きるしかない。


青ヶ島村役場では東北関東大震災の義援金の募金箱を設置しています。
募金はそれぞれが、思い思いの場所にすればいいと思います。
青ヶ島で、もしその方法が見つからない、わからない方は、こちらを利用されるのも
良いかと思います。

2011-3-19 048.JPG


ブログの更新も少し考えましたが、今日は青ヶ島の大切な子供たちの卒業式。
青ヶ島の元気な様子を伝えたくて、更新することにしました。

2011-3-19 053.JPG

青ヶ島小学校は3名、青ヶ島中学校は4名の子供たちが卒業しました。
青ヶ島には高校がありません。中学生は親元を離れて島を出ることになります。
小学校も、中学校も「自立」を教育目標とし、学校生活を送っています。

島の子供たちは、いつかこの日が来ることをわかっています。
そんな思いを綴った1人1人の学校だよりを読んで、思わずぽろり…どころか号泣。
みんな、感謝の気持ちと新しい未来への希望が書かれていました。

たくましい島っ子たち。卒業おめでとうございます。
青ヶ島で過ごした日々に誇りを持って、笑顔で羽ばたいでほしいなと思います。






posted by aura* at 01:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 青ヶ島の子供たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

地震 青ヶ島の事。

東北地方太平洋沖地震(M9.0震度7)の青ヶ島への影響について、
情報は少ないですが書き留めておきますね。

3月11日(金)
14時45分頃。
出かけるために玄関で靴を履いていたら揺れを感じました。
それほど大きな揺れではなかったのですが少し長めでした。
(震源地:三陸沖:震度3

しばらくして、村役場から村内放送。
青ヶ島津波警報が発令。津波到達予定時刻は午後3時20分頃。高さ1m。
海岸付近にいる方は至急避難しましょう。港には近づかないようにしましょう。
とのこと。

15時15分頃。
2度目の揺れ。これは1度目より軽く短かったです。
(震源地:茨城沖:震度2
伊豆諸島の津波警報が1mから6mに修正されました。

18時頃、2度目の村内放送。
本日条件付きで運航した還住丸は、津波警報が解除されないため、八丈島
八重根港に入港できず、沖合に停泊。積み荷は明日降ろすそうです。
とのこと。
(追記)3月12日(土)10時45分頃村内放送。
八丈沖に停泊中の還住丸は無事に八丈島底土港に入港したとの村内放送が
ありました。本日は欠航です。

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

青ヶ島での揺れはそれほど大きいものではなく、外で仕事をしていた夫は、
なんと17時過ぎに私と話すまで、地震があったことを知らなかった。
(村内放送が聞こえなかったようです)
結局地震による揺れを感じたのは2回でした。

現在も大津波警報が発令されていますが、青ヶ島の集落は標高250mほどの
ところにあり、海からはだいぶ離れています。
むやみに近づかなければ心配ないと思います。
実際、青ヶ島近郊はこのところ毎日時化ていて、津波が到達したのかどうか
肉眼での確認は難しいです。

小中学校の子供たちは、ヘルメットをかぶって教師引率の元、集団下校を
していました。

内地へ連絡も取りづらくなっていてとても心配です。
TVで見る東北地方の津波の様子、行方不明者の安否、津波での被害者など、
あまりにも胸の痛む現実が広がっています。

今後も余震、津波などには十分気をつけて、被害が広がりませんように。
私たちも気をつけます。


取り急ぎ、青ヶ島の情報はこのような感じです。
これは私の行動範囲での情報と、村内放送によるものです。
誤った情報が拡散しても困りますので、少ない情報ではありますが書き留めて
おきます。


(追記)3月12日(土)青ヶ島は地震なし。夕方大津波警報から津波注意報へ。
明日(3/13)就航予定の還住丸は津波の影響により欠航が決定。

(追記)3月13日(日)青ヶ島は地震なし。夕方津波注意報解除。

(追記)3月14日(月)青ヶ島は地震なし。午前11時過ぎ津波の恐れがある
との放送。還住丸は乗客を乗せずに、荷物の運搬のみの運航となりました。

                                           
posted by aura* at 01:56| Comment(6) | TrackBack(0) | その他の青ヶ島の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

明日葉ふわふわ削り節でお好み焼き

今日の青ヶ島は晴れたり曇ったり晴れ曇り
それよりなにより、めちゃくちゃ寒い。
風があるのでなおさら寒い。本当に3月なの?
今日も還住丸は欠航台風
貨物船が明日の朝決めなので、どうだろ?だんだん良くなっていくのかな。

2011-3-10 007.JPG

2011-3-10 008.JPG

ただ今、商店の前のメイン道路が工事中です。
通行止めが多くて不便なこともありますが、道が広くなるのは安全上とても
嬉しいことなのでもう少しの我慢。。。
2011-3-10 010.JPG


昨夜、少し前の記事で紹介した明日葉ふわふわ削り節を使ってお好み焼きを
焼きました。
かつお節のふわふわ感と、青のりのアクセント、この両方の役割を果していて、
かなり美味しいです。みなさん大好評でしたハートたち(複数ハート)
このふわふわ削り節2gで、明日葉25g分に相当するんですって。
栄養面から言ってもとってもいいですよね。
2011-3-10 001.JPG

こちらのHPでも購入できるようです→あしたば加工工場八丈島アスハ店


ちなみに。。。
ベーグルの上に振りかけて焼いたら、焦げて苦くなっちゃった(^^;)
こちらは失敗(笑)

posted by aura* at 12:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 明日葉(あしたば) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

ピアノの発表会

今日の青ヶ島はくもり曇り
午前中、池之沢の畑は野菜を収穫に。
途中雨がシトシト降ったりしましたが、晴れて暖かかった晴れ
けれど、車で岡部へ戻ってきたら、風がビュービューゴーゴー台風
改めて、岡部と池之沢の気候の違いを実感し驚きました!
午後からはずっと風が強く寒いです。これじゃ明日の船も欠航だな。

今日もカブ、大根、春菊、水菜、ほうれん草がたくさん採れました。
ブロッコリー、レタスはまだもう少し。
2011-3-8 001.JPG

                 2011-3-8 003.JPG 


さて、先週の土曜日ピアノ教室の子供たちの発表会がありました。
ピアノ教室は音楽の先生がボランティアで教えてくださっているそうです。
小学1年生から中学1年生までの子供たちが、日々の練習の成果を発表しましたるんるん

2011-3-5 024.JPG

                 2011-3-5 045.JPG

2011-3-5 025.JPG 2011-3-5 007.JPG

2011-3-5 009.JPG 2011-3-5 011.JPG

2011-3-5 015.JPG

        2011-3-5 018.JPG

                 2011-3-5 019.JPG

2011-3-5 027.JPG

        2011-3-5 028.JPG

                 2011-3-5 029.JPG


みんなとても緊張しているようでしたが、それぞれとても個性のある演奏で
素敵でした。ちびっこはお姫様みたいで可愛かったし、力強い音、優しい音、
とっても切ない音。色々な気持ちが伝わってきて、思わずほろりたらーっ(汗)ときちゃいました。

こちらは3年間ピアノ教室の講師をしている音楽の先生。
とても切ない感情がその姿と音から深く伝わってきて釘づけ。
とても素敵で、涙が出てきちゃいました。
ピアノをこんなに一生懸命弾いたのは、教員試験の時以来で、青ヶ島に来てもう一度
弾く機会を与えてもらって感謝していますとおっしゃっていました。
2011-3-5 033.JPG

2011-3-5 046.JPG 2011-3-5 039.JPG

2011-3-5 037.JPG

                 2011-3-5 051.JPG

1年間一生懸命練習をしている成果を、このように島の中で発表できるというのは
とても素晴らしいことですね。子供たちの頑張りを見ることができる私たちも幸せハートたち(複数ハート)
来年も楽しみにしていまするんるん








posted by aura* at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 青ヶ島の子供たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

飛び魚フライといたどり

日の青ヶ島は晴れ晴れ
先週の極寒青ヶ島からは解放されました。
還住丸は日曜日に条件付きで運航しましたが、昨日今日とまた欠航。
厳しいですね冬の海。

2011-3-8 045.JPG

12月に植えたチューリップの球根も、少しずつ大きくなってきました。
まだ寒いけど、確実に春は近づいていますね。
2011-3-8 044.JPG


今夜は島で収穫した野菜ばかりの食卓になりました。嬉しいシンプル島ごはんるんるん
● 飛び魚フライ(八丈島産)キャベツ(青ヶ島産)
● ブロッコリー(青ヶ島産)トマト
● 大根の皮(青ヶ島産)きんぴら
● いたどり(青ヶ島産いたどり、義母作)
● 飛び魚のあら味噌汁
2011-3-8 046.JPG

こちらが義母作のいたどり。
いたどり、千切り大根の塩もみ、ツナ、とうがらしで和えます。
簡単そうで、意外と難しいです。義母はさすが絶妙なお味ハートたち(複数ハート)
島の男の人は、これ大好きですよね。

いたどりはこの季節にしか食用では採れないので、とても貴重です。
さすが、島のお年寄りは早いなぁ。。。
あっという間に旬が終わってしまうのですが、我が家は義母のおかげで、毎年
食べ損ねはなし。ありがたいです。
2011-3-8 048.JPG

こちらは八丈島産の飛び魚です。
来た来たこの季節が。。。青ヶ島の飛び魚漁はまだ始まっていません。
飛び魚のフライってなんでこんなにおいしいの。。。グッド(上向き矢印)
2011-3-8 043.JPG

こちらは青ヶ島産のキャベツ。立派でしょ〜。
キャベ千いくらでも食べれちゃいますよ。
今日も島の恵みいっぱいのシンプル島ごはん。ごちそうさまでしたわーい(嬉しい顔)
2011-3- 005.JPG

posted by aura* at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

ロべの出荷

今日の青ヶ島は曇り曇り
昨日今日と、冬に逆戻りしたような極寒の青ヶ島です。←大げさ?(笑)
ニット帽と、マフラーが手放せません。

2011-3-5 005.JPG


今日も還住丸は欠航。今週は月曜日からずっと欠航です船ダッシュ(走り出すさま)
冬の青ヶ島はこんなものです。
明日は船が来そうな感じなので(わかりませんが、予想です)、切葉出荷センター
では、箱詰め作業が行われていました。

こちらの葉はフェニックスロベレニー(通称ロべ)です。
青ヶ島の産業のひとつに、ロべやキキョウランなどの切葉の生産、出荷があります。
池之沢地区に青いハウスやネットが多くみられますが、その中で育てられています。
船が欠航してしまうと、なかなか出荷ができないので、葉っぱがたまっていきます。
ロべは幸い畑から切ってからも長持ちするので助かっています。

2011-3-5 004.JPG

青ヶ島に来て、ロべを知るまでは気にも留めませんでしたが、最近ではTVで大きな
お花飾りを見たり、内地でお花屋さんを通りかかった時など、どんな葉が使われて
いるのかな?とつい興味がわいてしまいます。

こちらは、本日開催されたピアノの発表会のお花です。
こちらにもロべが使われています。緑の葉は青ヶ島のものを使用したそうです。
主役のお花を引き立ててくれる大切な存在ですよね。
2011-3-5 041.JPG

内地の皆さんも、素敵なお花飾りを見たら、ロべやキキョウラン、コルディリーネ等、
緑の葉をチェックしてみてください。
もしかすると青ヶ島から海を渡って届けられたものかもしれませんね(笑)

明日船が来るといいな〜船船船



posted by aura* at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 切り葉のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

保育園の作品展

今日の青ヶ島は晴れ晴れ
お天気は良かったのですが、めちゃくちゃ寒かったexclamation×2
冬に逆戻り〜?という感じ。風が強くて冷たくて冷たくて。。。
それでも朝嬉しかったのは、お隣の八丈島がくっきり見えたこと。
山の色と違った海岸線の色まで見えるときは、テンションあがっちゃいます^^

今日も還住丸は欠航。明日は来るかな?まだ風がだいぶ強いけどなぁ。
2011-3-4 001.JPG


さてさて、少し日にちが経ってしまいましたが、日曜日に開催された保育園作品展の
様子を。お天気にも恵まれ、例年よりも多くの来場者がいたような気がします。
青ヶ島保育園の園児はただ今7名。年長さん1名、年中さん4名、年少さん1名、
その下はなんて言うんだろ?1名。保育士さんは2名です。

子供たちの様子と、保育士さんの頑張りを写真いっぱいでカメラるんるん
2011-2-27 084.JPG

2011-2-27 088.JPG

        2011-2-27 125.JPG 

2011-2-27 098.JPG

                  2011-2-27 107.JPG

2011-2-27 091.JPG  2011-2-27 101.JPG

2011-2-27 123.JPG 2011-2-27 124.JPG

       2011-2-27 102.JPG

       2011-2-27 105.JPG

2011-2-27 115.JPG 2011-2-27 118.JPG

2011-2-27 109.JPG

                 2011-2-27 110.JPG

2011-2-27 099.JPG

2011-2-27 090.JPG 2011-2-27 126.JPG

2011-2-27 121.JPG 2011-2-27 114.JPG

2011-2-27 129.JPG

子供たちの頑張っている姿や、笑っている顔、最高だねハートたち(複数ハート)




イベント  ピアノの発表会のお知らせ  イベント

今週末、ピアノの発表会があるそうです。
こちらも島の子供たちが一生懸命頑張っていますので、ぜひ見に行きましょう。

● 日時 3月5日(土)
● 時間 14時〜
● 場所 青ヶ島小中学校ホール




posted by aura* at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 青ヶ島の子供たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FOODEX JAPAN2011 

3月1日(火)〜4日(金)まで、幕張メッセでFOODEX JAPAN2011(国際食品
飲料展)というイベントをやっていますイベント
このイベントはアジア最大級の展示会で、飲食・飲料の業界の方やバイヤーなど
専門家向け。
その中で、離島の地域振興のため、
離島ブースが設けられており、青ヶ島からは
ひんぎゃの塩が出展されています。

この4日間、食のプロ相手にひんぎゃの塩の魅力を伝えているのは、青ヶ島製塩所と
村役場の担当の方です。
にがり豆腐やひんぎゃの塩のおむすびをせっせと作って、試食していただいている
ようです。

そのFOODEXの青ヶ島ブースの様子が、八丈島の仲屋商店さんのブログで紹介
してくださっています。
お隣の八丈島の様子も載っていますので、見ごたえありますよ。

仲屋商店ブログ→
こちらぴかぴか(新しい)


posted by aura* at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の青ヶ島の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

還住太鼓昇段審査会

今日の青ヶ島は晴れ
晴れでしたが、風が強くてとってもとっても寒かったです台風
花粉もしっかり飛んでいて、鼻がムズムズです(^^;)

島の商店へ買い物に行った帰り道のこと。
低学年の島っ子が「aura*ちゃん、なんでお買い物行くくらいで、こんなにマフラーして、ニット帽かぶって厚着してるの!」って^^
「だって寒いじゃん〜」「寒くいないよ平気だよ!」って、ロンT1枚になってた(≧▽≦)
さすが、子供は風の子ってもう古い言い方?
子供は運動量多いもんね。笑顔いっぱいで寒くないよ〜ってめちゃくちゃ可愛すぎハートたち(複数ハート)


今日はひなまつり。
おじゃれセンターの1階にひな人形が飾ってありました。
おじゃれセンターとは総合保健福祉センターで、1階が診療所、2階が保健福祉施設
3階が保育園になっています。
2011-3-3 026.JPG

2011-3-3 022.JPG

今年も、保育園の子供たちが飾ったのかな?
2011-3-3 024.JPG



さて、先週の土曜日は還住太鼓クラブの昇段審査会がありました。
年に1度、日ごろの練習の成果を発表し、9級から5段までの段(級)をもらうのです。
ほとんどの子供たちは小学1年生からやっているので、大人よりも上手なんですょ^^

2011-2-27 005.JPG 

2011-2-27 067.JPG

青ヶ島の還住太鼓は、バチが赤と白なんで、バチをクルクルと回すのが特徴です。
これらは天明の大噴火の際の、真っ赤な溶岩と飛び散る火塊を表しています。

まずは子供の部。
みんな緊張しているけど、本番に強い!
2011-2-27 006.JPG 2011-2-27 010.JPG

2011-2-27 013.JPG 2011-2-27 016.JPG

子供の部が終わると、お母さまたちが作ってくださったお料理をいただきます。
これがまた、ものすごく豪華!
1時間半ほどお食事やら、おしゃべりをした後に大人の部が始まります。
2011-2-27 015.JPG 2011-2-27 026.JPG

2011-2-27 021.JPG

大人の部。
今年は私は受けませんでしたが、大人もドキドキですよ。
皆さん、昇段審査会前は太鼓部屋に通って、練習されていたようです。
2011-2-27 030.JPG

         ↑ 昇段審査初体験のお2人 ↓

         2011-2-27 031.JPG                                       
                 
                 めちゃくちゃかっこいいです!
                 2011-2-27 038.JPG  

大人、子供の指導をしているKちゃん。
やっぱり上手!でも、昇段審査はいつも惜しい(笑)
2011-2-27 040.JPG

                 最高段の5段合格ぴかぴか(新しい)おめでとうございますぴかぴか(新しい)
                 2011-2-27 042.JPG

こちらはすでに5段を合格している方で、自由に創作して叩きます。
子供のころに5段取得済のSくんはみんなの憧れ。
とにかく、回せるところはすべて回す。スペシャルバージョンexclamation×2しかも高速ぴかぴか(新しい)
彼の太鼓は、あまりにも神業でみんな唖然です。
太鼓のバチが宙を舞うのに、あんまりバチみてないですもん。すごすぎる。

2011-2-27 049.JPG

2011-2-27 055.JPG

還住の詩。1.2番は還住太鼓創始者の山田常通さん、3.4番は還住太鼓指導者の
荒井良一さんが作詞をされたそうです。
荒井良一さんは昨年の島じまんで、息子さんと一緒に太鼓を披露されました。
その中で歌われたのが、この還住の詩です。
2011-2-27 066.JPG


イベント  ピアノの発表会のお知らせ  イベント

今週末、ピアノの発表会があるそうです。
こちらも島の子供たちが一生懸命頑張っていますので、ぜひ見に行きましょう。

● 日時 3月5日(土)
● 時間 14時〜
● 場所 青ヶ島小中学校ホール



posted by aura* at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 還住太鼓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

大根切り干し

今日の青ヶ島は曇りのち雨
日中は時々晴れ間が見えるほどで、そこそこ暖かかったです。
予報通り、夜からは雨。
しかもどんどん風が強くなってきて、ゴーゴービュービュー台風
還住丸、なかなか来ないな船あせあせ(飛び散る汗)

2011-3-1 001.JPG


さて、表題の*大根切り干し*

立派な大根をいただいたので作ってみました、切り干し大根。
私は長年、切り干し大根で育ってきましたょ。
でも、青ヶ島のお年寄りは切り干し大根のことを、*大根切り干し*って呼ぶんですよね。
なんでかな?

2011-2-21 001.JPG

思い立って作り始めたのが2月23日の夜。
一晩夜風にあてて、この写真は2月24日。
2011-2-24 003.JPG

こちらの写真が2月26日。干し始めて2日半。
2011-2-26 001.JPG

それから、お天気のいい日は外。雨の日は家の中。(除湿機のかかっている部屋)
小さな村営住宅なので場所を選べず、何とも家庭的な作り方。
家の中では、切り干し大根くさいと夫に怒られ。。。

こちらが本日3月1日の、一応出来上がりだと思っている切り干し大根です。
ここまでくるのに、外風&除湿機風?で6日でした。
正直言って、どのくらいまで干したらいいのか、よくわからないんですよね。
ちなみにこれで、大根1本半分です。(器のサラダボウルは直径20p)

2011-3-1 002.JPG

けっこう、太く切ったつもりでしたが意外と細くなりました。
今度はもう少し太めのを作ろう。色々な太さがあってもいいな。
2011-3-1 003.JPG

他にも大根の甘酢漬けを作りました。
居酒屋もんじで食べたピンク色が可愛くて、まねっこしました。
なんでピンク色だと、食欲をそそるんだろう?
ひんぎゃの塩がまろやかで、時間がたつにつれて味がなじんで美味しかった黒ハート
大根1本分あっというまだったので、またリピートで作っています。
2011-2-23 019.JPG

この冬は、野菜がたくさん採れそうだ〜ハートたち(複数ハート)



posted by aura* at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする