2009年09月03日

新人村議会議員が誕生しました

任期満了に伴う、青ヶ島村議会議員選挙及び村長選挙は、
一昨日の9月1日(火)が告示日(立候補者受付)でした。

青ヶ島村長は、現職の菊池利光氏が無投票で3選。
青ヶ島村村議会議員の定員数は6名。
現職4名と新人2名が立候補し(現職2名が立候補せず)定員数の為、
9月6日(日)の選挙は行われないことになりました。

村議会議員は次の通り。(立候補順・・・役場前掲示板より抜粋)
● 菊池久夫氏 49歳(会社員)…新人
● 菊池正氏 63歳(会社員)…現職
● 広江精一氏 53歳(農業)…現職
● 菊池俊幸氏 50歳(農業)…新人
● 山田英三郎氏 49歳(会社員)…現職
● 佐々木富士子氏49歳(宅配業代行)…現職

私は青ヶ島で暮らすようになって、前回の村議会議員選挙が初めての経験です。
選挙の有無の良し悪しは別として、前回の選挙では選挙管理委員会より、
選挙公報が発行されました。
いわゆる立候補者の村会議員としての決意表明ですね。

今回は選挙がないので、それがないのが残念です。
私のようなよそから嫁いできたものは、今でも青ヶ島のことは知らないことだらけ。
今回の立候補者さんはすべて島で生まれ育った方々。
きっと島に対する思いもより強いのではないかと思う。
幼少時代と現在、住みやすくなったこと、住みにくくなったこと、きっと色々な変化が
あるに違いない。

そんな立候補者さんが、この島の今、そして将来をどのように思い、どのような
決意で私達の代表として声を伝えてくださるのか、知りたいなと思う。
今回新しく島の為に力を尽くそうと手をあげて下さった方は、村会議員としての姿は
初めてなので特にその思いを知りたいなと思う。
きっと村民もそう思っているのではないかと勝手に思ったりしています。

島で生まれ育ってなくても、大切な家族の故郷、この青ヶ島には大きな愛着がある。
自分には何の力もないけれども、青ヶ島を知り尽くした人たちだから、心強いし、
大きな期待をしたい。
先祖を大切にするお年寄りの暮らし、島の活性となる若者の居場所、そして島の宝の子供達…。毎日必死に暮らしている私達には、これからもこの島はなくてはならない場所だなぁ^^










posted by aura* at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | その他の青ヶ島の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。