2007年10月07日

青ヶ島の防災訓練

今日の青ヶ島は晴れかな?風がだいぶ涼しくなってきました。
今日は年に一度の防災訓練がありました。青ヶ島滞在者全員参加の
訓練です。火山が噴火し、ヘリコプターで全島避難をするという想定です。
2007-10-7 015.jpg

休戸地区と中原地区の住民は、村役場前へ集合し点呼を撮った後、
ヘリポートへ向かいます。西郷地区はそのままヘリポートへ。
主にヘリの乗降訓練と、AEDの使用方法についての講習がありました。
2007-10-7 017.jpg

2007-10-7 018.jpg



これに伴い、昨日映画の上映会がありました。
昭和61年伊豆大島三原山噴火のドキュメンタリー「全島避難せよ」です。
噴火から全島避難を経て、1ヶ月後に帰島を果たすまでの様子が
描かれていましたが、私が一番印象に残ったのは、園芸農家や
生き物を飼っている人々。
1ヶ月も留守にしたら、出荷前の植物がダメになってしまう…。
島を離れたくない…。大事な牛や鶏は?青ヶ島でも全く同じ状況です。

もし青ヶ島で全島避難という状況になったら…。
間違いなく家族の半分は、消防団などで最後まで島のために残るだろう。
牛や鶏はどうするだろう…愛犬は?そして、大切な家族の眠る墓を
残して、義母は島を去ることができるだろうか…。
色々な思いを抱きながらこの映画を観ました。





posted by aura* at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の青ヶ島の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。